『寺院紹介』  第二十九番札所  慈光寺

臨海山 慈光寺

天文八年(1539)恵空上人により開創され、十四世安空義静上人により中興されました。本堂に合祀されている秘仏、大日如来像は十二年に一度開帳されています。

この南知多三十三観音霊場中、馬頭観音さまが祭祀されているのは、ここ慈光寺ただ一寺です。この馬頭観音さまが頭上に馬の頭を頂いて、お不動さまのようなおそろしい憤怒の形相をされています。なぜでしょうか?

優しい顔ばかりではだめだから、たまには怖い顔でゴツンと・・・などというばかりではありません。「怒り」がどんなに悲しい、うつろなものであるかを見せてくださるのです。馬頭観音さまは馬や牛たちの安全を守ったり、交通安全をお願いしました。

なお、慈光寺には天保七年作、地獄絵図が十四幅と本四国巡拝初願者、衛門三郎ゆかりの杖杉弘法大師が奉安されています。また、円空作、「弁財天」が安置されています。お像は十センチ余りですが円空独特の味わいがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です