寺院紹介 第八番札所 長寿寺(ちょうじゅじ)

この長寿寺は、寺歴は定かではないが、開基明應四年乙卯(一四九五年)で、本堂は棟札から文政三年(一八二〇年)に建立した。

 本堂の屋根棟瓦の仙翁山と刻されたオレンジ色の文字が象徴的です。こぢんまりした風格のある山門に何故か心が魅せられます。

 

 越えてきたばかりの峠道は“遍路泣かせの巡礼峠”としてお遍路さんたちが息をはずませた難所でした。そんな豊丘峠ですが、とてものどかな情景です。

 本尊は地蔵菩薩で、命をはぐくむ大地のように大悲を蔵しているところからこ の名があり、人との救済の任にあたり地上に伝えられてゆくというのです。

「生みなさむ ものとてはなし 土の徳 今日ひとしおに 仰がるるかな」

という古歌そのままの象徴がお地蔵さまなのです。

 本堂右側に抱き地蔵さま(おもかるさん)

抱き地蔵さまに手を合わせ、真心込めてお唱えし、おもかるさんを持ち上げて、軽く上がった時に願いが叶うと言われています。願いが叶うといいですね。

 

 毎年正月七日に地蔵供養、古い御札の供養があり、近隣の人たちが集まり七草粥の接待があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です