第二番札所 弥勒寺(みろくじ)

こんにちは、美浜町北方(きたがた)にある2番札所の弥勒寺(みろくじ)です。 

お寺の名前はなかなか読むのが難しいですね。弥勒寺も、よく「お寺の名前は何と読むんですか?」ときかれることがあります。

当寺の場合は、本尊さまの弥勒菩薩(みろくぼさつ)の名前をいただいて弥勒寺と名付けられています。

お寺の名前には○○寺などの寺号(じごう)のほかに、山号(さんごう)というものもあって△△山○○寺といいます。弥勒寺も正式には龍華山弥勒寺(りゅうかざんみろくじ)といいます。

この龍華という山号も寺号と同じように、本尊さまの弥勒菩薩に由来したものです。

弥勒菩薩は、現在は兜率天(とそつてん)という所でご修行中ですが、お釈迦さまが入滅されてから567千万年後に、第二の釈迦としてこの世に現れて、お釈迦さまが救い漏らしたすべての人々を救済することが約束されている仏様です。

お釈迦さまが悟りを開かれたのは菩提樹の下でしたが、弥勒菩薩が悟りを開かれるのが「龍華樹(りゅうげじゅ)」という木の下だそうです。この樹の名前をとって山号にしたものです。

取っつきにくいお寺の名前も、そのいわれを知ると少しは身近に感じていただけるのではないでしょうか。

 

つぎに、弥勒寺の行事のうちで、参拝の方にも参加していただける行事を紹介します。興味のある方はお出かけ下さい。

●寺宝「地獄絵」ご開帳

  春と秋のお彼岸中、十幅の地獄絵図を掲げています。納経所で許可を得て拝観下さい。

  運がいいと、住職の絵解きが聞けるかもしれません。

●写経会

  春夏秋冬の年4回写経会をしています。参加希望の方は電話でお申込みください。

  春…春分の日、夏…夏至の日、秋…秋分の日、冬…1月中旬の日曜日

  平成30年は114日、321日、621日、923日の午後2時~

●うちわ絵付け体験

  7月中旬(日時未定)

参加希望の方は電話でご確認、お申込みください。

電話番号 0569-82-0511

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です