神ってる

この言葉は昨年の流行語大賞。「語源」は、プロ野球広島東洋カープの緒方監督が六月十八日の試合後に報道陣の取材に対して使ったのが最初だという。
鈴木誠也外野手が、二試合連続サヨナラホームランでチームが勝った「神がかった活躍」があったことから、監督の口から出た言葉です。
そして、洗い観音さまの寺にも、ちょっと不思議な事があったのです。それは、一本の電話から始まりました。

昨年の十二月二十六日にかかってきました。
「もしもし、和尚さんですか。洗い観音さまですか。」
「はい、そうです。和尚さんですよ。」
「実は、和尚さんにお参りをお願いしたいのですが。」
「どういう事でしょうか。」
「実は、私は武豊町に住んでいるものですが。生まれは鹿児島県で、愛知県に就職して暮らしています。子どもの時に両親が亡くなったので、近所のおばさんに育てられたのですが、九十四歳で亡くなりました。大変お世話になった人ですので、葬儀に行きたかったのですが、ちょっと行くことができませんでした。香典は送ったのですが、どうも気持ちがスッキリしないので、知っている和尚さんにおば様のお参りをして頂きたいと思って電話をしたのですが。」
「そうですか、分かりました。法名と亡くなった日、お供えを持って来て下さい。」

そして、二日後にご夫婦、娘さんの三人でお参りに来ました。和尚さんは、顔を見たらすぐに何回もお参りに来て下さる人だと分かりました。
法名とお菓子を本堂の前にお供えして、和尚さんの後ろへ坐って頂き、お経さんを一緒に読み供養いたしました。
終わった後、「きっと皆様の心が亡きおば様に届いて喜んでいます。」和尚さんが話しますと、一緒にお参りした娘さんが目に涙しているのです。どうした事かと思いましたら、右手を前に出し指さして、「そこに名前が書いてあるのは、私の主人の名前なんです。どうしてそこにあるのでしょうか?」と聞かれました。
実は毎朝和尚さんは信者様の御祈祷を受けてお参りしています。申込書の紙が経本の横に置いてあったのです。
まさか、偶然に来て父母のおともをしてお参りに来たのに、自分の夫の名前が目の前にあるとは、、、どうして、、、と思ったことでしょう。
それは実は、二日ほど前に阿久比町から来たご婦人が私の息子が病気をしたので、元気に暮らせますようにと洗い観音さまにお願いに来たのです。それを和尚さんが毎朝観音さまに御祈祷をしているのです。
そのように説明すると、「知らなかった。私の夫のお母さんが私の知らないところでお参りをしてくださっていることを、、、本当にありがたいことです。」
嬉しさ、ありがたさ、驚きに自然と涙が出たのでしょう。

私どもは、知らないところ、目に見えないところで、親の祖父母、またずーと先祖様から「どうぞ内の子どもや孫が元気に暮らせますように」と神仏にお参りして頂いてきているのです。それは、自分がそのように子ども、孫のために祈っている人には分かるはずです。ありがたいことではないでしょうか。偶然というか、娘さんの心に強くありがたく思った事でしょう。和尚さんもビックリしましたよ。ありえないことです。
「神っていませんか」
和尚 合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です